チラシデザインの歴史について

チラシというのは「散らし」から生まれた言葉だそです。

情報を散らすといった意味です。

メッセージを四方八方に散らすというのが、チラシの役割なのです。

紙というのが貴重だった古代日本では、木の札が紙の代わりに使われていました。記録などに使われていたのですが、人への伝達にも使われていました。元々は「文板」がなまって、フダ、と呼ぶようになったといいます。紙が使われていても「フダ」と呼ぶようになったのはこのためです。

江戸時代の引札というのがチラシの原型だと言われています。

引札は報状とも呼ばれていたそうです。引くというのは客(福)を引くこと。

これが後々、「散らす」となったそうです。

ヨーロッパではその形からリーフレットと呼びます。一枚の葉という意味です。

最近ではフライヤーと呼んだりします。ビラというのは、BILLから来ています。

チラシは昔からあるものですが、過小評価されているところもあります。チラシの力で多くの消費者が行動を起こしているかを考えてみると、よく分かるのではないでしょうか。

チラシの歴史を紐解くと、経済の歴史も見えてくると言います。それも生活者に密着して結びついた経済活動です。

チラシには販売戦略が必要です。スマホが一般化した今でも、チラシを載せているサイトは大人気だそうです。チラシに流れる精神というのはお客様に「幸せ」を届けるというもの。チラシを見るときに感じるのは、そこに誠意があるかどうかということもあるかと思います。

デザインの中身は誠意こそが大切だといえるのです。チラシには商品と値段、わかりやすいコピーと人目を引くキャラクターが載っていたりします。そこにクーポン券を付けたり人を動かす工夫ができます。

       

チラシデザインで「一瞬」をモノにしろ!Atelier De Soiのトップに戻る